« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

雰囲気

フォーシーズンズホテル丸の内 東京に訪れたゲストの方々からいただくコメントに、「素敵なおもてなし」や「アットホームな雰囲気」といった言葉をよく見かけますnotes

大規模ではないこのホテルだからこそ、出せる雰囲気があり、サービスがあります。

私はそれを実際に先日感じることがありました。

実は先日、ホテルで勤務をし始めて1周年を迎えました。たまたま出勤していたのですが、当の本人が気にも留めていないくらいのことでした。

いくら小さいホテルと言っても、従業員はそれなりにたくさんいらっしゃいます。

会う人会う人が、「1周年、おめでとうございます!」と声をかけてくださり、びっくりしましたhappy02

午後になった時に、フロントオフィスのスタッフに声をかけられ、「ちょっと来て欲しい」と言われて、フロントへ向かうと、そこにフロントスタッフやマネージャーがずらりと並んでいて、お祝いをしてくださったのですshine

さらに、その日に誕生日のスタッフもいたので「ケーキを用意してあるから食べてきて!!」と言われてさらにびっくりsign03

マネージャーにも「ほんと、1年間ありがとう。これからもよろしく」と言っていただき、なんだかじーん・・・と来てしまったのですbearing

このように、温かく声をかけてくれるようなスタッフが集まっているからこそ、ゲストから素敵なコメントをいただけるんだなと改めて感じましたし、フォーシーズンズ丸の内特有の、ホテルのHospitalityと旅館のおもてなしのいいとこ取りのサービスができるんだなと思いましたheart01

私もホテルの一員として、同じくゲストの皆さまにHospitalityとおもてなし、そして素敵なRelaxationのお時間を提供していければと思いますhappy01

Junko

| | コメント (0) | トラックバック (1)

効果大コスメ

今や、あらゆる種類のコスメが手に入りますよね。効果も国も価格もetc...

ですが、自分の肌に合ったコスメにたどり着くのは、長い道のりではないですか?

お値段のはるものは、確かにRichな成分が入り、効果も高いかも!高くなければですが、

価格や成分と自分の肌に与えてくれる効果は必ずしも比例してないのがつらいところangry

私だけではなくきっと女性なら!シミ、シワ、くすみ、たるみetc...続々と出てきますが

くい止める為にと、いろいろな種類や価格のもにもチャレンジしたことがあると思います。

以前、皮膚科医の姉を持つ知人に、「肌は生まれ持ったものが80%」と聞いたことがあります。

そうなると、残りの20%であがかなければいけないのか。と鏡を見て、ため息ですが、

あきらめては下るばかりsad確かに東北美人や水の綺麗な土地で育った方、遺伝的に綺麗な肌の方には敵いませんが...

そこでペンタクルというレスキューコスメhappy01スタッフもお気に入りなので、以前も紹介しています。

肌は本当に人それぞれで、強い肌、弱い肌、敏感肌などなど.....

このペンタクルは植物成分がお肌に優しくス~っとしみこみ、効果をパッとだしてくれます。

最近このフェイシャルを受けていただいたお客様の帰りのお顔が、あまりにも!

目元がピンと張り、艶やかでいて、お肌の中に栄養を吸収しているからベタつかず、肌触りがもっちり~confident

でして、とても嬉しくなり、皆さんにもぜひ!このペンタクルの効果大good

お試しいただけたらと思いますconfidentY.O

| | コメント (0) | トラックバック (3)

まごころ

先日、レストランのスタッフの方と廊下ですれ違った時です。

ふんわりとコーヒーの良い香りがしたので、

「コーヒーのいい香りがしますねcafe」と、話しかけました。

すると、レストランやラウンジなどでコーヒーの注文を受けると、

その都度、コーヒーを豆から挽いて淹れるのだと教えてくれました。

彼女が持っていたのは、挽いたけどその日にお客様へ出されなかった

コーヒーの粉でした。

それは、挽きたてではないので、

もうお客様へは出すことのできない、コーヒーの粉だそうです。

そこまで徹底して、自信を持って商品やサービスを提供しているんだと、

とても感動したのと同時に、そんな場所で一緒に働けることに

ホテルの一員として働けることに、小さな喜びを感じましたheart04

毎日、様々な方がいらっしゃるホテルで、

一つ一つの出会いを大切にしながら、

セラピストとして最善を尽くしたいな~

と、強く感じた出来事でしたhappy01

気持のよい場所は、きっと訪れた人にも伝わるものですよねshine

「まごころ」をこめて...confident

そうありたいなと思います。

asacat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香りの効用

先日ちょっと面白いものを発見しました。

パピエダルメニイ。

フランス製の紙のお香です。

Papi14 



香りものは昔から大好きです。

アロマはもちろんのこと、チャンダン香をたいたり

最近ではホワイトセージがお気に入り。

浄化で有名なホワイトセージですが、

すぅーっと立ち上る煙をみると

心まで洗われる気がしてきます。

この、パピエダルメニイ(名前もなんだかカワイイですよね)

見つけて早速店員さんを質問攻め。

安息香の木の樹脂を染み込ませているという話を聞いて興味津々。

くんくんと香りを嗅いでみると確かにバニラに似た甘い香りがほのかにします。

おおう。これはまさしくベンゾインの香り。

すぐに購入してしまいましたnote

小さなノート状になっていて

中の紙を点線に沿って切り取りアコーディオン状に折って使います。

そのままカバンにしのばせてほんのり香らせるもよし、

あるいは火をつけ、煙で部屋の空気を浄化し、消臭するとのこと。

この辺はホワイトセージに似てますね。

フランスのプチホテルにはこの小さな紙が

お部屋の灰皿にさりげなく置いてあったりするそう。

おしゃれshine

またこのお香はですね。

フランスの小さな工場で120年以上前から変わらない製法で作られているそうです。

職人さんが一つ一つ二週間かけ手作りしているというだけあって

なんだか温かみがありとても気に入っています。

残念ながらフランスに行ったことはありませんが、

このほのかな香りをかいでいると

パリジェンヌになった気分になれますよheart04

KANA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »