« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

ほぐす!

風の冷たさ、澄んだ空気と乾燥、体のコリ・・・冬本番となりましたsnow

そこで・・・ほぐす!

この時期になると、ひどくなる肩こりや冷え!そして肌の乾燥でこわばるような感触etc...

お湯につかったり、ストレッチをしたり、マッサージをしたりして体をほぐす!

乾燥でパキパキ感なお肌をを潤して、表情や皮膚を柔らかくほぐす!

香りや、冬の澄んだ景色、美味しい食で心をほぐす!

このほぐす!ということの大事さ、心地良さ、そして効果をいろいろなことから気づいた今年でしたconfident

なかなか続かなかったヨガから学んだ心身への効果や、ホテルで新しく始まるフェイシャルのとろけるよな感触、アロマの香りでマッサージしてあげた時のワンちゃんのうっとり顔、寒い日にほ~っと飲むカフェオレetc...

寒さも増すこれからの冬、自分にあったほぐす!を見つけて、心身をほぐして、柔らかい手、体、心で・・・寒いこの冬も温かくして過ごしたいですshineY.O

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレッチ

ぐっと冷えてきた最近ですが、

朝、お布団から出るときや

玄関のドアを開けたとき、

その寒さに、思わずきゅっと肩を縮めてしまいますよね?

筋肉をギューっと緊張させてしまうこの行為

もともと肩こりもちの人や冷え症の方にはさらに悪循環・・・

どんどん血流が悪くなってしましますsad

私もひどい肩こり、冷え性、腰痛。。。。と悩みはつきないのですが、

最近毎日ストレッチを心がけたらずいぶんとこれらの症状が緩和されてきました。

わかってはいてもなかなか眠気に勝てず(笑)続けられなかったんですが、

あまりの効果に、こんなに簡単でお手軽な方法、続けない手はないので

地味に続けています。

筋肉を心地よく伸ばしてあげることがいかに大切かわかりました。

今ではお風呂あがりにヨガマットをひいてTVをみるのが定番です。

これだと全く苦になりませんwink

ゆっくりと湯船につかる時間をとるのも重要です!!

シャワーだけだと、ストレッチしてる間に体が冷えてしまうので・・・

十分からだの芯まであたたまった状態で、、、がおススメです。

是非お試しください☆

KANAtulip

| | コメント (0) | トラックバック (1)

手♡


とても基本的なことなのですが、
やはりセラピストにとって『手』というのは
大切だなと実感しました。happy01

久しぶりに我らが社長のフェイシャルを
受けさせて頂きました。shine
もちろん技術向上の為ですよsweat01

その時、素直に感じたのですが、
『手』がメチャクチャ気持ちいいんですsign01
練習中にもかかわらずうっとりしてしまいました。
(すいませんcoldsweats01

技術も大事です。
でも、それ以上に『手』の気持ちよさと
大切に接してもらえたり、扱われたりすることが
何より気持ちがいいですheart02

『手』と接し方、触れ方が気持ちいいと感じて
もらえるセラピストになりたいと思いました。

          MAKINKOpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木枯らし1号

昨日木枯らし1号が吹きました。

一気に気温が下がり、この秋一番の冷え込みとなりました。catface

寒かったですネ。

今年の木枯らし1号は去年より一日遅かったそうですが、いよいよ冬の季節到来ですネ。

お鍋のおいしくなる季節でもあります。

お鍋はいろいろな栄養が一度に摂れる上、身体も中から暖まってVery Goodですネ。good

先日トマト鍋に挑戦してみました。

最後の締めはチーズを入れてリゾット風に・・・。

とても美味でした。happy02

鍋はさておき、これからの季節は気温の低下とともに湿度もぐぐっと下がって参ります。

風邪やインフルエンザにかかりやすくなるのもこれからの季節です。

今年は新型インフルエンザも・・・。sad

手洗いうがい、など十分気をつけなくては・・・。flair

お肌も気温と湿度の低下により弱ってきています。

肌荒れしてませんか?

この季節は湿度の低下によりお肌が乾燥するだけでなく、

気温の低下により血行も悪くなり、更にお肌の状態を悪くしています。

老化が進むのもこの季節と言われている事も。coldsweats02

お肌が乾燥しないようにエッセンスやクリームなどで保湿をしっかりしてあげましょう。

簡単なマッサージをプラスして血行促進してあげるとさらにGOODheart

木枯らしに負けない元気なお肌を。happy01

chi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »