« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

発酵食品

こんばんは

先日に知人から自家製の味噌を頂きました。
黒豆の入った味噌で
味噌汁にしても野菜にそのまま付けて
食べても美味しいお味噌で感動しました。

興味が湧き味噌について調べたら
色々な作用があることが分かりました。

食品が腐らないように
添加物を入れるのが当たり前となりましたが
添加物ばかり入ったものを食べ続けると
中には身体の外に排出するのが難しい成分も
あるそうです。

発酵食品には人間に有益な微生物による
働きで、元の原料にはない美味しさや栄養価
食材の保存性が向上すると行った利点が
あります。

味噌には興奮抑制、精神安定、血圧降下などの作用があり
安眠効果があるギャバというアミノ酸や、
リラックス作用のある大豆ペプチドが含まれています。
大豆ペプチドは夕方以降に摂取すると、疲労を回復させ、
精神を穏かにする働きがあります。
納豆、味噌汁といった古くからの日本食は、
おだやかな睡眠のために効果的です。

醤油や味噌に含まれているビタミンB12は、
神経鎮静、集中力アップなどの効果もあります。
また味噌に含まれるメチオニンというアミノ酸は、
精神を落ち着ける効果が優れているため、
うつ病の治療にも利用されているほどです。
メチオニンにはニコチンやアルコールを除去する働きもあるため、
飲みすぎた日やヘビースモーカーの方は
味噌汁を飲んでから寝ると、眠りの質が上がります。

また味噌には保存が効くという利点も
あります。
豆腐などを味噌漬けにすると
簡単なおつまみにもなります。

昔からの日本の食卓には欠かせない
味噌汁にはこんな理由があったんですね。
大豆イソフラボンも含まれて
いるので、女性には積極的にとってほしいです。

K

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »