« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

震災後に思うこと。

震災から2週間が経ちました。

毎日、心配なこと、不安なことのなかに、少しずつ、希望や未来
を垣間見るニュースを目にすることが出てきました。

「ブログ」に正直、何を書いていいものか、わからず、悩みましたが、
今日、私がみたニュースの中で、印象に残ったことを書いてみたいと
思います。

そのニュースは、津波被害にあった町のケーキ店で働く女性が、
焼き菓子を販売しているというニュースで、お客さんが、嬉しそうに、
焼き菓子を買っている様子がテレビに流れていました。
「まさか、お菓子を買えると思わなかった。」と
そのお客さんは言っていました。

甘いものを食べたいという周囲の言葉を聞いて、
残っているお菓子を、なんとか避難場所(ケーキ店は
津波でかたちもなくなっていました)で売ろうと、
その女性は決意して、社長にかけあったのだそうです。

ケーキを売っている人がいる、
それをとても喜んで買っている人がいる、
というニュース。なんだか、希望を感じました。

目の前にあることを、一生懸命やっていくと、
その先に希望や未来があるのだと、
ニュースをみて、考えさせられました。

ふと、自分の仕事を振り返り、
ホテルにいらしてくださるお客様のお体を、
少しでも楽にできるなら、
そうして、お客様がまたガンバロウと思ってくださり、
その気持ちがどんどん伝染していって、
色々な人につながっていけば、
安心して過ごせる毎日が戻ってくるような気がするのです。

miupisces

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Super Moon

皆様、こんばんわ。

東日本大震災より一週間が経過しました。

被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

フォーシーズンズホテルでは、全世界に84ある各ホテル内で、

従業員による「Japan Disaster Rilief Fund-日本震災義援金」を開始しました。

集まった募金はカナダの本社より日本赤十字社に寄付されます。

先日私も、出来る限りの募金をさせて頂きました。

被災地の方々の、一日も早いご復興を心よりお祈り致します。

昨日は特別な日で、その日に見える月をスーパームーンと呼ぶそうです。

NASAの発表によれば、大きさは14%大きく、明るさは30%明るく見えたようです。

月の軌道は楕円状で、その関係で地球に近づくことがあるそうです。

この時、満月の時期と重なると大きな月を見ることができるというわけです。

Photo

今回は18年ぶりの出来事でした。

次はまた18年後だそうです。

18年ぶりの大きな満月に、震災で亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り致します。

I

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震の怖さ

こんにちは
先日の地震、本当に衝撃でした。

私はトリートメント中だったのですが
とりあえずお客様にもスタッフも皆
無事だったので、安心しました。

夕方頃になり割れたものの片付けが
ひと段落してから、改めて怖くなりました。

セラピストとして直接マッサージしなくても
こんな時は皆の不安を少しでも
和らげることが出来たらいいな、と思います。

困った時は皆お互いさま

自分の家族や周りの友達、知り合いだけでなく
知らない人でも声をかけ合うだけでも
お互い人がいるというだけで安心すると思います。

こういう時は治安悪化による人災から
身を守るようにして欲しいです。

まだまだ被害が把握しきれていないと
思いますが、あまりニュースをずっと見る
のもよくないと思います。

悲しい事実ですが、
悲しみに心をずっと浸さないようにして

募金や節電など
被災地の人達に少しでも出来ることを
していけたら、と思います。

少しでも多くの命が助かりますように

K

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »